住宅ローン関連業務 ご相談は堺市の司法書士吉田法務事務所へ

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
堺市堺区向陵中町4丁4番7号
TEL 072−254−5755
堺市堺区の司法書士 三国ヶ丘駅近く
司法書士の相談予約受付中 ブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」 無料相談フォーム。相談申込にご利用下さい。

住宅ローン関連業務


司法書士は、さまざまな場面で、『住宅ローン』に関与させてもらっています。
このページでは、司法書士の立場から関わる『住宅ローン』の「まとめ」をお伝えすると共に、当司法書士事務所運営サイトで詳細にご説明しているページに、ご案内しています。

◎住宅を購入する時の登記手続き

住宅ローンを組んで住宅を買われる場合、司法書士が登記手続きを行います。
土地建物の名義を買主に変え、同時に、銀行の抵当権を付ける登記をします。

司法書士は、金融機関から指定されることもあれば、仲介業者から紹介されることもあります。
また、お客様から「この司法書士に」という希望を関係者にお伝えいただくことで、当事務所の司法書士が登記手続きに関与させてもらうこともあります。

 

◎住宅ローンの借り換えの手続き

住宅ローンの『借り換え』とは、新しく住宅ローンの契約をし、今借りている住宅ローンを返す手続きのことです。
司法書士は、新しい住宅ローンについて、抵当権を付ける登記をすると同時に、今まで借りていた住宅ローンを抹消する登記をします。

登記を担当する司法書士は、金融機関から紹介されることもあれば、お客様から「この司法書士に」という希望を金融機関担当者にお伝えいただくことで、当事務所の司法書士が登記手続きに関与させてもらうこともあります。

住宅ローンの借り換えには、いろいろな目的が考えられますが、多くの場合は「金利負担を軽減する」目的のために行われます。 「固定金利から固定金利への借り換え」「固定金利から変動金利への借り換え」「変動金利から変動金利への借り換え」など、借り換えにも目的に応じて、複数のパターンがあります。

 

◎住宅ローン完済時の抵当権抹消の登記

住宅ローンを返済し終わった時は、金融機関の抵当権を抹消する手続きを行います。

金融機関から司法書士を紹介されることもあれば、抵当権を抹消するために必要な書類を渡され、ご自身で手続きされるか、司法書士に依頼するよう伝えられることもあります。

抵当権の抹消登記は、登記の中では、簡単な部類に入る手続きですので、平日に時間を取れる方であれば、ご自身で法務局に行かれて手続きされる方もいらっしゃいます。

しかし、住宅を購入された際、前の住所で登記されている場合は、住所の変更登記が必要であるケースもあります。司法書士にご依頼いただければ、代理で手続きいたします。

 

◎個人再生(住宅ローンの返済を支払いながら債務整理)

住宅ローンのほかに、カードローンやクレジットカードの借り入れがあって、借金の返済が難しくなった方を対象とする手続き。司法書士は、裁判所に提出する書類の作成者として、個人再生の手続きに関与しています。

個人再生は、住宅ローンをそのまま支払い続け、住宅を手放すことなく、その他の債務を減額することができるのが最大のメリットです。安定した収入がある方を対象とします。

例えば、カードローンなどの債務が600万円ある場合、個人再生の手続きでは、その5分の1を原則3年で支払うとになります。月あたりの返済は、33,334円になります。

 

◎自己破産(住宅ローンの返済が難しくなった方向け)

自己破産は、住宅ローンの返済ができなくなった方を対象に、住宅ローンの返済義務を免除してもらうための手続き。司法書士は、裁判所に提出する書類の作成者として、自己破産の手続きに関与しています。

借金がゼロになる一方で、自宅を失うことになるのが、個人再生との違いです。
また、住宅ローンの延滞が長期となり、すでに裁判所を通じて競売にかけられている状態で、自己破産のご相談を受けることもあります。

 
 

◎任意売却(住宅ローンの返済が難しくなった方向け)

任意売却は、住宅ローンの返済ができなくなった方、すでに滞納している方向けの手続き。
通常、住宅ローンを貸している金融機関は、住宅ローンの全額を返済しなければ、抵当権を解除する手続きをしてくれません。

しかし、任意売却では、すでに住宅ローンの返済を延滞している方を対象に、不動産売却のために抵当権の解除をしてもらう手続きです(解除するかどうかは、債権者の判断次第です。必ず成立する手続きではありません)。

任意売却のメリットとしては、競売になる場合と違って、固定資産税が日割計算で清算できること。また、債権者によっては、売却代金の中から引っ越し代を一部用意してくれたり、マンションの場合は、管理費や修繕積立金の滞納分を清算してもらえることです。

司法書士が任意売却に関与する場合は、自己破産の手続きと並行し、不動産の仲介業者さんと連携しながら、手続きを進めさせてもらう場合が多いです。

 
電話相談実施中
住宅ローンのご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘の司法書士吉田法務事務所へ
お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前を右に曲がって下さい。
主な業務エリア<堺市(堺区・北区・東区・西区・中区・南区・美原区)・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>
このページの上へ戻る ▲
原稿の無断転載(引用、一部改変を含む)は禁じます