堺市堺区の司法書士。借金問題、債務整理、自己破産、個人再生、相続登記、遺言書作成、会社設立の相談は、司法書士吉田法務事務所へ

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
堺市堺区向陵中町4丁4番7号
TEL 072−254−5755  FAX 072−254−5788
堺市堺区の司法書士 三国ヶ丘駅近く
司法書士による相談予約受付中 ブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」 無料相談フォーム
代表司法書士
吉田浩章
(大阪2130号)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区
無料相談フォーム
堺市の司法書士による相続・名義変更相談サイト
堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談サイト
堺市の司法書士による成年後見相談サイト
事務所パンフレット

堺市での相続・名義変更
債務整理の相談なら

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788

コラム

コラム73 海外に居住する日本人の自己破産(債務整理)

普段、自己破産の申立書を提出する管轄裁判所を考える時、

「住民票の所在地と居所が違う場合は、居所を管轄する裁判所に」
「個人事業者の場合は、営業所所在地を管轄する裁判所に」

ことくらいしか頭にありませんが、では、海外に居住している日本人の場合(個人)はどうなのか。

破産法第4条では、「債務者が個人である場合には、日本国内に営業所、住所、居所又は財産を有するときに限りすることができる」とされています。

「住所」があればということは、「海外に居所があっても、住民票が日本にあれば可能なのではないか?」と考えることもできますが、

民法第22条で「各人の生活の本拠をその者の住所とする」とあり、判例でも「住所を移転させる目的で転出届がされたとしても、実際に生活の本拠を移転していなかったときは、住所を移転したものとして扱うことはできない」とされていて、

「住民票があるというだけでは、住所があるとは言えない」というのが、裁判所(今回の事例では堺支部)の考えでした。

また、「財産を有するとき」の意味については、「銀行預金でもあればいいのでは?」と考えることができますが、

破産法第4条の「財産」とは、「破産財団を構成する財産」という意味であり、ただ普通預金口座に残高があるだけという場合は「財産がある」場合に該当しない、というのが結論で、

日本人であっても、「日本の裁判所で自己破産の申立ができるとは限らない」ことが確認できた事例でした。

                                                (最終更新 平成24年5月9日)

                                                堺市の司法書士吉田法務事務所
                                                  司法書士 吉 田 浩 章
                                             
このコラムは、ご参考までに情報を提供しているものです。
当司法書士事務所への、ご依頼を前提としないお問い合わせはご遠慮ください。

コラム一覧へ戻る

司法書士による電話相談実施中
自己破産申立のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘の司法書士吉田法務事務所へ
お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前を右に曲がって下さい。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>
このページの上へ戻る ▲
原稿の無断転載(引用、一部改変を含む)は禁じます