堺市堺区の司法書士。借金問題、債務整理、自己破産、個人再生、相続登記、遺言書作成、会社設立の相談は、司法書士吉田法務事務所へ

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
堺市堺区向陵中町4丁4番7号
TEL 072−254−5755  FAX 072−254−5788
堺市堺区の司法書士 三国ヶ丘駅近く
司法書士による相談予約受付中 ブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」 無料相談フォーム
代表司法書士
吉田浩章
(大阪2130号)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区
無料相談フォーム
堺市の司法書士による相続・名義変更相談サイト
堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談サイト
堺市の司法書士による成年後見相談サイト
事務所パンフレット

堺市での相続・名義変更
債務整理の相談なら

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788

コラム

コラム13 遺贈の登記<遺言執行者がいる場合いない場合の違い>(相続)

「遺贈」とは、遺言によって無償で財産を譲るケースの中でも、特に、法定相続人以外の人(孫や内縁の妻等)に譲る場合に使われる表現です。

相続人以外の人には「相続」する権利がないため、遺言書を残しておいてあげないと、財産を引き継いでもらうことができません。

遺言書の中で、遺言執行者(遺言の内容を実行する人)が指定されている場合と、されていない場合がありますが、指定されているケースのほうが、後々の負担が軽くなります。

例えば、不動産の所有権移転登記をする場合、遺言執行者がいる場合は、遺言執行者だけの印鑑証明書を付けることで手続ができます(預貯金の解約でも、多くの金融機関が同様の処理をしてくれます)。

一方、遺言執行者がいない場合は、相続人全員の印鑑証明書が必要になり、協力してくれない相続人がいる場合、名義変更の手続が進まないことになるためです。

遺言執行者は、相続人以外の人を指定しても構いません。
信頼できる身内の人や、遺言書作成に関与した司法書士等が指定されていることもあります。

また、遺言執行者がいない場合、相続が開始した後に家庭裁判所に選任の申立をし、遺言執行者から預貯金の解約等の手続をした例もあります。

                                                (最終更新 平成22年11月30日)

                                                堺市の司法書士吉田法務事務所
                                                  司法書士 吉 田 浩 章
                                             

このコラムは、ご参考までに情報を提供しているものです。
当司法書士事務所への、ご依頼を前提としないお問い合わせはご遠慮ください。

コラム一覧へ戻る

司法書士による電話相談実施中
相続・遺贈登記のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘の司法書士吉田法務事務所へ
お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前を右に曲がって下さい。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>
このページの上へ戻る ▲
原稿の無断転載(引用、一部改変を含む)は禁じます