堺市堺区の司法書士。借金問題、債務整理、自己破産、個人再生、相続登記、遺言書作成、会社設立の相談は、司法書士吉田法務事務所へ

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
堺市堺区向陵中町4丁4番7号
TEL 072−254−5755  FAX 072−254−5788
堺市堺区の司法書士 三国ヶ丘駅近く
司法書士による相談予約受付中 ブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」 無料相談フォーム
代表司法書士
吉田浩章
(大阪2130号)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区
無料相談フォーム
堺市の司法書士による相続・名義変更相談サイト
堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談サイト
堺市の司法書士による成年後見相談サイト
事務所パンフレット

堺市での相続・名義変更
債務整理の相談なら

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788

コラム

コラム77 自筆証書遺言をご自分で作成される前に(遺言)

一般的に多く用いられている遺言書は、公正証書遺言と自筆証書遺言の2種類です。

公正証書遺言のメリットは、紛失や改ざんの心配がなく、検認もいらないこと。
自筆証書遺言のメリットは、自分で作成すれば費用がかからないことで、デメリットは法律に定められたとおりの方法で書かないと無効になる恐れがあることで・・・

といった話は、いろんなところで書かれています。

私が見てきた限り、自筆証書遺言はわざわざ専門家に相談して作られたものでなく、その方の感覚で書かれたものが圧倒的多数だと思います。

したがって、形式面では「無効」にはならないとしても、「この表現で意味が通じるんだろうか」とか、「この書き方で不動産は特定できているんだろうか」といった疑問を持ちながら不動産の登記をした、というケースが何回かあります。

法務局で「この遺言書では登記ができない」と言われる可能性も考えて、遺産分割協議書に相続人全員の印鑑をもらえることを確認してから登記をしたこともあります。

遺言書自体が「無効」にはならなくても、相続の手続に使えない・・・とことになるリスクもありますので、

専門家に相談されず、ご自分で自筆証書遺言を作成される場合は、せめて書籍を1冊手元に置いていただいた上で作成を、ということをお勧めしたいです。

★参考メモ
民法968条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2.自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

                                                (最終更新 平成24年8月21日)

                                                堺市の司法書士吉田法務事務所
                                                  司法書士 吉 田 浩 章
                                             
このコラムは、ご参考までに情報を提供しているものです。
当司法書士事務所への、ご依頼を前提としないお問い合わせはご遠慮ください。

コラム一覧へ戻る

司法書士による電話相談実施中
遺言書作成のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘の司法書士吉田法務事務所へ
お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前を右に曲がって下さい。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>
このページの上へ戻る ▲
原稿の無断転載(引用、一部改変を含む)は禁じます