堺市堺区の司法書士。借金問題、債務整理、自己破産、個人再生、相続登記、遺言書作成、会社設立の相談は、司法書士吉田法務事務所へ

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
堺市堺区向陵中町4丁4番7号
TEL 072−254−5755  FAX 072−254−5788
堺市堺区の司法書士 三国ヶ丘駅近く
司法書士による相談予約受付中 ブログ「吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区−」 無料相談フォーム
代表司法書士
吉田浩章
(大阪2130号)
吉田浩章の司法書士日誌−堺市堺区
無料相談フォーム
堺市の司法書士による相続・名義変更相談サイト
堺市の司法書士・FPによる住宅ローン・個人再生相談サイト
堺市の司法書士による成年後見相談サイト
事務所パンフレット

堺市での相続・名義変更
債務整理の相談なら

司法書士吉田法務事務所
〒590−0024
大阪府堺市堺区向陵中町
4丁4番7号
TEL 072−254−5755
FAX 072−254−5788

コラム

コラム5 住宅ローン金利と投資の利回り(住宅ローン)

平成22年9月7日の日経夕刊には、「家計版バランスシートを作ろう」の記事。

企業と同じように貸借対照表を作り、資産と負債を計算して、家計の無駄と将来の資産運用を考えましょうという内容です。

貸借対照表を作ってみるのはいい方法だと思いますが、気になったのは以下の部分。

『債務超過の人は投資すべきではないとの意見もあるが、「現在、住宅ローンの金利は過去最低水準。非常に安い金利で資金調達できたと考え、返済よりもそれを上回る利回りでの運用を目指すのも一つの方法」だ』(以上引用)

私も同じように考えていたこともありますが、それは株式なり、投資信託なりに投資をして、プラスになることが前提の話。マイナスを経験すると、理屈上の話に過ぎないことが分かります。

3%4%の利回りを確実に確保できればいいですが、元本保証を求めるならば難しい話です。

「楽しむ」ことを含めた投資で、損をしてもいいのならOKだと思いますが、債務超過なのであれば、まずは堅実に繰上げ返済の準備をするほうが結果として有利であった、ということもあるような気もします(この先の社会情勢によって、分からないですが…)。

                                                (最終更新 平成22年9月8日)

                                                堺市の司法書士吉田法務事務所
                                                  司法書士 吉 田 浩 章
                                             

このコラムは、ご参考までに情報を提供しているものです。
当司法書士事務所への、ご依頼を前提としないお問い合わせはご遠慮ください。
関連するページ

コラム一覧へ戻る

司法書士による電話相談実施中
住宅ローン・家計のご相談は、堺市堺区・三国ヶ丘の司法書士吉田法務事務所へ
お問い合わせは、電話(072−254−5755) もしくは、無料相談フォームをご利用下さい。
休日と夜間の相談に対応中です。営業時間内(平日9時から18時)にご予約下さい。
三国ヶ丘駅には、JR阪和線・南海高野線・南海バス(南海本線堺駅、地下鉄御堂筋線新金岡駅)からアクセス可能。
  駅前ロータリー(大阪信用金庫と餃子の王将側)を出て、ソフトバンクショップ手前を右に曲がって下さい。
主な業務エリア<堺市・大阪市・高石市・和泉市・泉大津市・岸和田市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市等>
このページの上へ戻る ▲
原稿の無断転載(引用、一部改変を含む)は禁じます